巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

アイスクリームとソフトクリームは何が違う?

ライター情報:古屋江美子

このエントリーをはてなブックマークに追加

見た目にはアイスクリームだけど本当のところは?

アイスクリーム、ソフトクリーム、シャーベット。この3つを頭に思い浮かべるのは簡単だろう。でもそれぞれの違いをちゃんと説明できる人は意外に少ないのでは?

そこで日本アイスクリーム協会の方に3つの違いについて聞いてみた。
「見た目にはアイスクリームのようであっても、含まれる乳成分が一定以上なければ、法的にはアイスクリームとはいえません」

なんでも一般的にアイスクリームと呼んでいるものは、正しくは乳製品の「アイスクリーム類」にあたるという(※ただし本記事では通例にならって、アイスクリームと呼ぶ)。それらは乳固形分や乳脂肪分などの割合によって次の3種類に分類される。

・アイスクリーム……乳固形分15%以上、乳脂肪分8%以上
・アイスミルク……乳固形分10%以上、乳脂肪分3%以上
・ラクトアイス……乳固形分3%以上

上記のほかに1gあたりの細菌数や製造工程における定義もあるがここでは割愛する。また果汁に甘味を加えて凍らせたシャーベットは一般的に上記の分類には含まれず、一般食品の「氷菓」に分類される。

こうした成分の違いは味にどう影響するのか?
「プレミアムアイスクリームなど高級感を謳ったものは、乳固形分や乳脂肪分の割合が高いものが多いですね」
乳固形分や乳脂肪分が多く含まれていると、口あたりの良さや滑らかさが加わり、コクやミルクの風味が増す。

だが最近は、植物性脂肪を使ったラクトアイスなどにもかなり口どけがよいものもあり、乳固形分や乳脂肪分が多いほどリッチな風味、とは単純に言い切れなくなっているよう。
関連キーワード

ライター情報: 古屋江美子

フリーライター。旅とグルメを中心にウェブや雑誌で執筆中。地元山梨びいき。
好物=昼寝、ビール、読書(どれもビーチかプールサイドなら尚良し)

2009年5月7日 10時00分

注目の商品