巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

自分の苗字のハンコを既製品として置いてもらう条件とは

このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたのハンコ、すぐ買えますか?

ハンコを買いにいったらお店に置いていなくて、取り寄せになった。

こんな経験は苗字が珍しい人であれば日常茶飯事だろうが、「オレの苗字、そんなに珍しくないのに、何で置いてないんだっ!」と憤慨したことのある人もいるのではないだろうか。ハンコの既製品として登録されている苗字とそうでない苗字にはどんな違いがあるのか、調べてみた。

今回調査対象にしたのは、文具メーカーの大手、シヤチハタのネーム印「ネーム9」。このネーム9には、約2100種類の苗字が既製品(取り寄せる必要がなく、すぐに購入できるもの)として登録されているらしいのだが、自分の苗字が既製品として登録されているかどうかを「ネームナビ」というページで検索することができる。

筆者の仮説としては、「人口の多い苗字が既製品として登録されている」というもの。そこで参考にしたのが、静岡大学人文学部の城岡研究室が公開している、「日本の姓の全国順位データベース」。ここには、全国の電話帳データなどをもとに調べられた電話番号登録件数の多い苗字のランキングを、上位10000位まで見ることができる。仮説が正しければ、このデータベースの順位の上位にある苗字約2100種類が、既製品として登録されているはずだ。

ということで早速調査開始。まず、「佐藤」「鈴木」などの超メジャーな苗字はもちろん、100位の「佐野」、200位の「富田」も当然、既製品がある。1000位の「石岡」もあった。
関連キーワード

ライター情報: 珍満軒/studio woofoo

高校生に間違えられるロリータフェイスでありながらB89W69H88の肉体を持つグラマラスライター。身長174センチ、体重55キロ、男性。

2009年5月15日 10時00分

注目の商品