巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

ブルーレイコンテンツのパッケージはどうして小さい?

ライター情報:羽石竜示

このエントリーをはてなブックマークに追加

データ容量はブルーレイのほうが大きいのに、パッケージはDVDより小さいのはなぜ?

「ブルーレイ版コンテンツが増えたなぁ」と思いながら、ビデオショップでコンテンツが並んだ棚を見ていて、ふと疑問に思ったことがある。それは、「ブルーレイ版コンテンツのパッケージって、どうしてDVDより小さいのかな?」ということ。何か、小さい理由があるのだろうか。

頭に浮かんだのは、「ブルーレイコンテンツの関連団体がパッケージの規格を決めている」という説。そこで、それらしい団体を探して聞いてみた。すると、以下のような答えが返ってきた。
「映像コンテンツメーカー各社が個別に決定している事項となりますので、メーカーに直接お問い合わせいただけますでしょうか」(DEGジャパン広報事務局)。

筆者の説は見事撃沈。そこで、言われたとおり、映像コンテンツメーカーのひとつ、バンダイビジュアルに質問してみた。
――今のブルーレイパッケージのデザインやサイズはどうして決まったのですか。
バンダイV:もともと、ブルーレイ版ソフトはアメリカで先行発売されました。その後、日本で発売されたとき、ハリウッド系の映像コンテンツメーカーがアメリカでのデザイン・サイズをそのまま使用したことから、当社もそうしております。
――ブルーのパッケージで統一されているのですね。
バンダイV:当初は次世代ディスクの規格としてブルーレイとHD-DVDの2種類あったため、HD-DVDは赤いパッケージ、ブルーレイは青いパッケージに色分けされていました。そんな訳で現在でもブルーレイは青いパッケージが多くなっていますが、規定はないので当社では黒いパッケージの商品もあります。
関連キーワード

ライター情報: 羽石竜示

フリーライターやってます。カメラ、写真、プリンタ、PC、デジタルガジェットなどの分野をおもに執筆。また、写真撮影にも注力しております。よろしくです。

2009年5月19日 10時00分

注目の商品