巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

0

NHKアナウンサーの散髪のみが気になっちゃう理由

ライター情報:田幸和歌子

「あ! 髪切った!?」 

NHKのニュース番組を見ていると、ニュースを読むアナウンサーに「お! 髪切った?」と気づきたくもないのに気づいてしまうことが多々ある。

女子アナウンサーの場合、髪をまとめたり、いろいろアレンジする人が多いので変化がよくわからないが、男性のアナウンサーに関しては、コレが意外と気になる。

もちろん「毎日見る顔だから変化に気づきやすい」ということはもちろんあるだろう。
だが、たとえば、「髪切った?」の定番モノマネギャグがあるタモリを見て「髪切った?」と思ったことはあるだろうか。
また、みのもんたや小倉智昭の散髪にも、気づいたことはない。彼らはかなりキャラが立っていて、「髪型」も固定像ができあがっているということもあるだろうけど、福澤朗や安住紳一郎(たまに髪をおろしてたりするが)、羽鳥慎一などの散髪も、基本的にはあまり気づかない。
なのに、なぜNHKのアナウンサーばかり、散髪が気になるのか。ついでに、NHKのアナウンサーの場合、「今日はちょっと目が腫れぼったいな」「疲れてそうだな」「ちょっと嬉しそうだな」などなど、微妙なコンディションにまで気づいてしまう。
特にウォッチャーでもないのに、なぜなのか。

あるテレビ雑誌ライターに聞いてみたところ、こんな指摘があった。
「NHKのニュース番組は、民放と違って、アナウンサーが正面を向いたままバストアップで映すことが多いですよね? バックもシンプルで、自然と顔に目がいきます。
関連キーワード

ライター情報: 田幸和歌子

書籍出版社、広告制作会社を経てフリーに。月刊誌・週刊誌・夕刊紙などで執筆中。

2009年5月30日 00時00分

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品