巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

0

韓国で見かける「東京ナンバー原付」、絶滅の危機?

ライター情報:清水2000

なぞの「新宿区モげ」ナンバー。赤や青など様々なカラーのものも流通している様子。

( 1 / 3 )

ソウルの街を歩いていると、東京地区のナンバープレートが設置された、不可解な原付によく出会う。

最初にこれを見つけた時は、韓国で日本の風景に出会う驚きに、なんでやねーんと愛のある突っ込みを入れていた私であるが、しかしよくよく見るとソウルは東京ナンバーであふれており、いちいち突っ込んでいたらきりがない、と思うようになってきた。
日本人だから日本語に反応してしまう、というのもあるかもしれないが、とにかくやたら目に付くのである。今回、証拠写真を撮ろうと街へ繰り出したところ、わずか5分ほどで数件の東京ナンバーに遭遇。それぐらい高い出現率であった。

韓国の検索サイトでナンバープレートを探してみると、韓国でどんな東京ナンバーが出回っているのかよくわかる。
なかでも圧倒的に多かったのが、写真のような「新宿区 モ3げ57」ナンバーだ。これは私も確かによく見かけた気が。
韓国で生産されているのであろうこの新宿区ナンバー、数字やカラーはバリエーションがいくつかあるが、文字部分はあくまで「モ・げ」となっている。何だろう、この2文字が醸し出す絶妙な脱力感は。たくさんある日本語の中から、カタカナの「モ」とひらがなの「げ」を選んでしまう引きの強さに脱帽だ。

他には単なる「東京」のナンバーも多く、その場合一文字のひらがなは「あ」という無難なものが多いが、ひらがなの変わりに「バイク」と書かれたシュールなナンバープレートもあった。
関連キーワード

ライター情報: 清水2000

ソウルを拠点に活動するトラベルライター。翻訳も少々。路上のコネタ、珍スポ、音楽と映画を求め、弘大のライブハウスから朝鮮半島の辺境、世界のコリアタウンまで徘徊中。

2009年6月14日 00時00分

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品