巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

0

177の天気予報って今、どのぐらい使われてる?

ライター情報:イチカワ

1、7、7……。これからも頼りにしたいです。

大イベントのたび雨に降られてきた経験から、少しでも雨の可能性があったら折りたたみ傘を持ちたい僕は、出掛ける前に必ず天気予報をチェックする。
情報源はインターネット。行き先の3時間ごとの予報や、行き先より西の天気などを見て、雨の可能性を探る。

ひと昔前までの情報源といえば、新聞やテレビだった。でも朝届く新聞の予報は情報がちょっと古いし、テレビの天気予報は見たいときにやってなかったりする。だから今すぐ予報を知りたいんなら「177」に電話するしかなかった。

そんな、ひと昔前までは天気予報を知る最終手段だった177。それが今は、さっきも書いた通り、ネットで天気がわかる時代になってる。
今も177って結構使われてるもんなんだろうか。

「利用者は減少していますね。理由としては、やはり携帯電話や地デジのデータ放送など、天気予報を得る手段が多様化していることが考えられます」(NTT東日本)

1955年1月1日、NTTのテレホンサービス第1号としてスタートした177(当時の番号は東京・大阪が222、名古屋が501など。それがのちに「天気になれなれ」の語呂から現在の177に統一)。利用回数は右肩上がりで増加し、1996年前後には全国で年間4億回以上(1日110万件以上!)に。でもその後、インターネットの普及や、固定電話の契約者が減ったことなどから利用回数は減少し、2001年には約1億5000万回にまで減った。
そして今回NTT東日本とNTT西日本に伺ったところ、今も減少は続いているそうで、大まかな回数として2007年度は全国で年間5500万~6000万回、2008年度は年間約5500万回程度の利用回数になっているという。
関連キーワード

ライター情報: イチカワ

国語ができなかった理系人間が、何を間違ったか文章書いてます。好物=無理のないジョギング、坂のない自転車移動、重くない人間関係

2009年7月5日 00時00分

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品