巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

0

「なっとうドーナツ」を食べてみた

このエントリーをはてなブックマークに追加

せんだい屋池尻大橋店の外観です。

( 1 / 2 )

あなたは納豆をどのようにして食べるだろうか? 最も多いのは普通にご飯にかける、だろうし、納豆汁なんて人もいるだろう。中には居酒屋のように、玉子焼きに混ぜる、という方もいらっしゃるだろうか。
しかし、この方法は多くの方は思いつかなかっただろう――「ドーナツに練りこむ」。そんな「なっとうドーナツ」というユニークな商品が販売されていると聞き、早速それを出している納豆専門店「せんだい屋」にいってみた。

地下鉄田園都市線・池尻大橋駅から歩いて4分ほどのところにある店舗。まず外見からすごい。外には納豆の自動販売機が! また、非常にきれいな店内に一歩入ると、そこにも何種類もの納豆と納豆の加工品が。ちょっと驚きつつも、なっとうドーナツを探す……。発見! 種類は5つ、「シュガープレーンドーナツ(120円)」「きなこドーナツ(120円)」「チョコドーナツ(130円)」「くるみドーナツ(130円)」「やさいドーナツ(130円)」というラインナップ。

筆者は「きなこドーナツ」をチョイス。店のテーブルに座って待つと、少し温めてもらった小ぶりのドーナツが運ばれてきた。薄いきつね色がなんともかわいらしい。さて、肝心の味は!?……おいしい!! 練りこまれた納豆から大豆の味がドーナツ生地の味とあいまって、とてもあっさりと食べられる。また、揚げるのではなく焼いて作られたベイクドドーナツのため、べたべたした感じはしないし、舌の上でさらりとほどける柔らかな触感がなんとも心地いい。
関連キーワード

2009年7月7日 10時00分

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!
  • 「なっとうドーナツ」を食べてみた (7月7日 )
  • 【PR】

注目の商品