巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

暑い日のデジカメ使用は大丈夫?

ライター情報:羽石竜示

このエントリーをはてなブックマークに追加

夏はデジカメの大活躍のシーズンだが、ボディが熱くなるのが気になる
(写真はハイスピード撮影ができるカシオのデジタルカメラ『EX-FC100』)

どんどん暑くなっていくと、人間だけでなく「デジカメも夏バテするのでは」と心配になるのは私だけだろうか。
気温の上昇がデジカメをオーバーヒートさせる恐れはないのか、メーカーのカシオ計算機に聞いてみた。

使用していると、だんだんデジカメのボディが熱くなっていくのを感じるだろう。この現象について、
「撮像素子、画像処理LSI、リチウムイオン電池など、自己発熱する部品を使用しているため、環境温度以上に製品温度が上昇してしまうのです」とカシオ。

そうならば、オーバーヒートが原因で故障しやすいデジカメパーツがあると思うのだが。これに対し同社は、
「一般的な環境温度(0度~40度)の使用で故障を起こす部品はありません」という。

しかし、本当にボディが熱くなるまま使い続けていいものだろうか。
「当社製の現行ラインアップのデジカメでは製品の内部温度を監視しており、内部温度が過度に上昇した場合には『ALERT表示』あるいは『強制動作停止』するようになっています。なので、これらの警告が無い限り、使用上の問題はありません」
なるほど、そのような隠れた機能があって、温度の上昇からデジカメを守っていたとは。やはり、過度の製品温度の上昇はデジカメにとって好ましくないわけだ。

さらに、デジカメは使用していないときも危険。カシオは直射日光下や、夏場の車中(特にダッシュボード上)などへデジカメを放置すると、故障のリスクが高まるというのだ。
関連キーワード

ライター情報: 羽石竜示

フリーライターやってます。カメラ、写真、プリンタ、PC、デジタルガジェットなどの分野をおもに執筆。また、写真撮影にも注力しております。よろしくです。

2009年7月27日 10時00分

注目の商品