巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

カルピスの薄め方がいつの間にか4~5倍になっていた

ライター情報:イチカワ

このエントリーをはてなブックマークに追加

好みの濃さは、どのくらいですか?

夏のカルピスシーズン真っ只中。薄めて飲むカルピスは、もはや夏の風物詩。
そんなカルピスのパッケージを見て、あれっ? と思うことがあった。それはカルピスと水の割合について書かれた「4~5倍を目安にうすめる」って記述。つまりカルピス1に対し、水3~4の割合で薄めるってことなんだけど……。

ん? 昔は5倍じゃなかったっけ? いつの間に4~5倍になってたんだろう? そんな疑問を解消すべく、カルピス株式会社に話を伺った。

「確かに2007年の商品リニューアルのとき、『5倍』から『4~5倍』へと表記を変えました。カルピスの魅力の1つは“自分好みの濃さで飲める”というところですが、『5倍希釈用』とハッキリ書いてしまうことで、その自在性がわかりにくくなっていたのではないかと考えたんですね。そこで、お客様にお好みの濃さを見つけて頂くため、また飲用シーンや体調などによって濃さを変えられる飲料であることを認識して頂くため、表記を変更しました」

普通の飲み方以外にも、ロックで飲む人や、スポーツのとき8~10倍で割って飲む人など、飲み方はさまざま。そんな自由度が『4~5倍』っていう幅を持たせた表現に込められてたってわけだ。ちなみに飲むときは氷を入れることが多いと思うけど、4~5倍というのは、氷を除いた水の量。冷たい水で希釈することを想定しているからだという。

「もともと5倍だったのは、社内で試行錯誤した結果、濃くもなく薄くもない濃さが、5倍希釈だという結論に至ったからです。
関連キーワード

ライター情報: イチカワ

国語ができなかった理系人間が、何を間違ったか文章書いてます。好物=無理のないジョギング、坂のない自転車移動、重くない人間関係

2009年8月3日 10時00分

注目の商品