巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

0

意外に多い!? 海外旅行のNGグルメ土産

ライター情報:古屋江美子
このエントリーをはてなブックマークに追加

市場はユニークなアイテムの宝庫。お土産探しにももってこい。

この夏、海外旅行をする人も多いだろう。最近ではお土産もバラエティに富んでいるが、やはり定番はお菓子などのグルメ土産。値段も手頃なものが多く、その人気は高い。

ただ、なかには日本への持ち込みが禁止されている食品もある。また、持ち込み可能であっても、空港での「動物検疫」や「植物検疫」の対象になることもある。どんなものに注意が必要なのか? まずは「動物検疫」について、農林水産省の消費・安全局、動物衛生課に話を聞いた。

動物検疫の対象となるグルメ土産といえば「肉製品」だが、基準は地域によって違うという。たとえばビーフジャーキー、ソーセージ、ハムなどの牛肉加工品は、アメリカやカナダからの持ち込みはNGだが、オーストラリアやニュージーランドからは「検査証明書」があればOKとのこと。

ちなみに牛肉にかぎらず、肉製品を持ち込むためには、必ず輸出国政府機関が発行する日本向けの検査証明書が必要。ちゃんと検疫カウンターで確認してもらう必要がある。
「免税店などで販売員が大丈夫だと言っても、証明書がなければ持ち込みはできません」
ただこの証明書、アメリカ、カナダ、オーストラリア、ニュージーランドなどの免税店の商品には表記されていることもあるが、ヨーロッパではほとんど見ないのが現状だ。

ちなみに意外なところではチーズはOK。ただし、チーズのなかに肉製品が入っていれば検疫対象になる。また、サーモンジャーキーやキャビア、カラスミなど魚を使った食品に関しては特に規制はないという。
関連キーワード

ライター情報: 古屋江美子

フリーライター。旅とグルメを中心にウェブや雑誌で執筆中。地元山梨びいき。
好物=昼寝、ビール、読書(どれもビーチかプールサイドなら尚良し)

2009年8月9日 00時00分

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品