巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

なぜ、老紳士はスーツと帽子をセットで着こなすのか?

ライター情報:うつぎ

このエントリーをはてなブックマークに追加

スーツに帽子を合わせるだけで、こんなにもダンディな仕上がりに。

( 1 / 2 )

街を歩いていると、“紳士”という言葉がよく似合う粋なおじさまに出会うことがある。

昔の白黒映画で観たような装いには、現代のビジネスマンにはあまり感じられない気品と余裕が漂っている。こんな素敵な装いがどうして現代のビジネスマンに見られなくなったのか、そもそもスーツに帽子を組み合わせる着こなしはいつ頃から日本で主流となったのか気になったので調べることにした。

静岡県浜松市で1950年からオーダーメードスーツを作り続ける「テーラー新屋」の3代目國枝大祐さんにお話を伺った。
「昔はスーツに帽子を合わせるというより、現代の礼装のようにネクタイや帽子も含めてスーツという一つの装いであるとされていました。帽子はあくまでも寒さや暑さから身を守る生活必需品であったようです。また当時、ロンドンで出版されたエチケット本の一節には、紳士か非紳士か見分けるコツとして、訪問時の帽子の脱ぎ方が例にあげられています。それぐらい紳士にとっては、スーツと帽子は切り離せない存在だったのでしょう」

当時の紳士にとっては、それぞれの服装にあった帽子を選ぶことは身だしなみの一つだったらしい。では、日本でその装いが主流になったのはいつ頃なのだろうか?
「日本では、洋服が一般に着られるようになった明治時代頃からスーツに帽子を組み合わせる装いが取り入れられ、着こなしのお手本書などもあったそうです。『スーツ+帽子』の文化が根づかなかった原因としては、生活様式が異なるため欧米文化の表面的な部分しか取り入れられなかったことが大きかったのではと思います」

スタイルをまねても、日本人は日本人。
関連キーワード

ライター情報: うつぎ

制作会社のコピーライター兼フリーライター。常に思い出し笑い+ほろ酔いで、ハッピーな性格。趣味は物語を書くこと。

2009年8月12日 10時00分

注目の商品