巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

1

自転車の防犯登録って、有効期限が切れたらどうなる?

ライター情報:イチカワ

長期間乗っている人、有効期限を確認してみましょう。

自転車を買うとき、500円などを払って行う防犯登録。
1994年6月20日に義務化されたこの制度は、自転車が盗まれるのを防ぐことや、放置された盗難自転車を持ち主に返すために生まれた。

今、防犯登録を行っている自転車は、全体の約8割。その効果については、警察の発表がないからわからないけど、防犯登録をしていたことで、盗まれた自転車が戻ってきた人も少なくない。また自転車盗が多い中高生への、犯罪抑止効果もあるとされる。

ところで、この防犯登録には有効期限があることが多い。普段気にしてないかもしれないけど、地域によって5~10年。最近は期限をなくしたり、長くしている地域も増えているけど、期限を設定している都道府県は多い。
ん!?  ってことは、期限が切れたら、失くした自転車は探してもらえなくなっちゃうんだろうか? 防犯登録を推進している、日本自転車軽自動車商協同組合連合会という、長い名前の組織に話を伺った。

「期限が切れてデータが抹消されれば、確かに探せなくなってしまいます。ただ実を申しますと、期限を過ぎてもデータを残している場合もあるため、そうとは限らない場合もございます」

都道府県によって、データは自動的に抹消されたり、署長が12月末日に廃棄するなど対応はさまざま。ただ最近は、ひったくりなど犯罪に盗難自転車が使われるケースもあることから、実際には年数を過ぎても、データを保管している場合もあるという。とはいえそれは例外。
関連キーワード

ライター情報: イチカワ

国語ができなかった理系人間が、何を間違ったか文章書いてます。好物=無理のないジョギング、坂のない自転車移動、重くない人間関係

2009年8月28日 10時00分

コメント 1

  • オマワリ 通報

    期限を切っている以上、期限切れはデータ破棄で完全に無効にしないと矛盾が生じます。 バカ正直に再登録する意味が見いだせない。 単なるカネ集めと思ってしまう。 本来はとても有意義な制度なので残念です!

    0
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品