巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

キャップを閉め忘れてもインクが乾かない油性ペン

このエントリーをはてなブックマークに追加

この状態で1週間放置。でも大丈夫!

( 1 / 3 )

昔、おじいちゃんは鉛筆の先を舐めてから文を書き始めていた。そんな仕草に大人っぽさを感じ、メチャメチャ憧れた幼き日の記憶がある(小学校低学年時)。

しかし、それにも限度が。マジックや書道のときにまでそんな行為をして、担任から呆れ顔で説教をされた苦い記憶も消えやしない。
ただ、マジックは油断すると駄目なのだ。キャップを開けっ放しにしていると、インクが乾いて使い物にならなくなる事態に陥ってしまう。

そんな場合は、このペンの出番だ。シヤチハタ株式会社は、キャップを閉め忘れてもインクが乾かない油性ペン『乾きまペン』を発売した。
このペン、なんと2週間キャップなしでもペン芯が乾かないという素晴らしい逸品(気温20度、湿度65%の条件下)。
ところで気になる構造についてだが、タネは特殊インクがインクの蒸発を抑える皮膜をペン芯の表面につくる。このため、ペン芯がキャップなしで2週間乾かない。

この“乾かない”という利点で、様々な使い道が。たとえば、学校での催し(学園祭など)の際、キャップの開け閉めを気にせずに作業に没頭できる。お店での手書きポップや、工場でのマーキング作業でも同様だ。

しかし、本当に2週間も乾かないでいられるのだろうか? スゴい謳い文句だけに、実際にこの手で確認してみたい。
という訳で、実証してみました。キャップを開けっ放しで1週間。2週間で試してみた方がいいのだろうが、待ち遠しいので1週間。これだけの長い間、キャップなしでも生き残れるのならばオッケーでしょう。

ライター情報: 寺西ジャジューカ

1978年生まれ。ブライアン・ジョーンズとビートたけしと前田日明と大江慎也と有吉弘行を敬愛する。好物=局アナ、篠田麻里子

URL:Facebook

2009年9月11日 10時00分

注目の商品