巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

0

話題の「ちくわパン」を食べてみた

ライター情報:野崎 泉
このエントリーをはてなブックマークに追加

パンの中に一本丸ごとのちくわ!
写真は「神戸屋」の「ちくわパン」。

( 1 / 2 )

全国各地でひそかなブームを呼んでいる「ちくわパン」。一本丸ごとのちくわをどうだ! と言わんばかりにパンと組み合わせたインパクトが、一度目にするとどうしても素通りできない逸品ですよね。

元々、この「ちくわパン」は札幌にあるパン屋さん「どんぐり」が発案したものらしいが、数年前から全国のパン屋さんでもつくるところが増えつつあったり、大手パンメーカーのフジパンなども期間限定ながらクリームチーズ入りちくわパンを発売している。

そして、いよいよこの9月、「神戸屋」がついに「ちくわパン」を発売したという情報をキャッチ。さっそく食べてみたところ、わさび風味のマヨがパンとちくわを絶妙に結び付けていて、なんとも美味しい。庶民的でどこか懐かしいおかずパンで、ソーセージなどを挟んだパンよりなんとなくヘルシーな気がするのも嬉しいところ。考えてみればその昔、給食に出る「磯辺揚げ」をコッペパンにはさんで食べたりしてたな~とおぼろげな記憶が蘇ってきたりして、なるほど違和感ないはずですよね……。

「神戸屋」ならではのこだわりポイントなど聞いてみたところ、
「『ちくわ』といえば、やはり筒状の一本モノのイメージを皆さんお持ちかと思います。そこで、一口目からちくわをしっかり味わっていただけるよう、ちくわとパンの長さが同じになるようこだわりました」

「また、ちくわと相性の良い味付けとしては、チーズ風味のマヨネーズソースなどが一般的です。
関連キーワード

ライター情報: 野崎 泉

歴史やストーリー、何らかのバックグラウンドのあるものに魅かれます。古本、レトロ建築、喫茶などをテーマに大人の乙女道を追求中。

URL:http://www.underson.com/bibliomania/

2009年9月14日 10時00分

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品