巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

「カエルツボカビ症」って、結局どうなってるんですか?

ライター情報:新井イアラ

このエントリーをはてなブックマークに追加

カエルです、「ケロケロ」。

忘れもしない2006年。南米産の輸入ペット用カエルから恐ろしい感染症が発見された。これこそ、日本中のカエルとその愛好家を恐怖のどん底におとしいれた「カエルツボカビ症」である。

この病気は真菌(水虫菌などと同じ系統の菌)がカエルなどの両生類の皮膚に寄生することで発症するのだが、驚くべきはその致死率である。中南米やオーストラリアにおける被害は甚大で、ある地域ではこの病気の侵入により、わずか数カ月で90%ものカエルが絶滅したという報告もあるほどだ。

そして2009年。日本中の田畑からはカエルが姿を消し、夏の風物詩を失った日本の生態系は大きく乱れた……かと言うとそうではなく、うちの田舎の田んぼでも、あいかわらずカエルはケロケロと大合唱している。

あれ? じゃあ、結局カエルツボカビ症ってどうなったのかしら。
あれだけ世間をにぎわせたのがウソのような現状に、安堵しつつも疑問を感じたのでWWFジャパンに問い合わせてみた。

すると何とも意外な回答が得られた。
その後の研究で、日本の両生類の多くは、もともとカエルツボカビ症に対して高い抵抗力を有しているというのだ。どうりで、国内のカエルがケロッとしているわけである(シャレじゃないよ)。
また、日本の固有種であるオオサンショウウオの保存標本をDNA分析したところ、オオサンショウウオには古くからカエルツボカビが寄生していたという新事実まで明らかになったという。
これらの事実から、そもそもカエルツボカビ症の起源は日本、もしくはアジア圏なのではないかという新仮説まで立てられているそうだ。
関連キーワード

ライター情報: 新井イアラ

コーヒーと音楽と雑貨、そして辛いものが好き。「なんでも書きます、書かせてください」でおなじみのライターです。

URL:Twitter:@iara_arai

2009年9月18日 10時00分

注目の商品