巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

人力で充電できる電気自動車があるらしい

このエントリーをはてなブックマークに追加

この、赤い自転車部分をこぐと充電できる。

深夜のテレビ通販で、手でハンドルを回して充電できる非常用の携帯ラジオをよく見るが、足でペダルをこぐと充電できる自動車が、世の中にはあるらしい。

作ったのは、トヨタやホンダといった大手自動車メーカーではなく、ZEVEXという団体。代表の鈴木氏に話を聞いてみると、「自転車をこぐのと同じような感覚で、自動車を充電できます」とのこと。

ZEVEXが開発した電気自動車には「回生ブレーキ」がついている。「回生ブレーキ」とは、運動エネルギーを電気に変えるときに発生する抵抗力をブレーキに利用する技術。鈴木氏いわく、「この回生システムを利用して、駆動系の途中に自転車のペダルを割り込ませ、ペダルでモーターを回せるように細工を施し、人力充電電気自動車を実現させた」のだそうだ。

ではこの電気自動車、どれくらいこぐと、どれくらい走るのだろうか? ZEVEXで行われたテスト走行では、「3分こいで、30メートル走った」らしい。「テスト走行を見学した人からは、『女の子がこいでも意外と走れるんだねー』、『これだけしか走れないの!?』といった両サイドからのご意見が、それぞれ半々くらいですね(鈴木氏)」。テスト走行の様子は、動画サイト「YouTube」にアップロードされているので、興味があればご覧いただきたい。

一見、あまり実用性がなさそうな自動車だが、なぜ、このような電気自動車を作ったのだろうか? 鈴木氏に聞いてみると、「多くの市民は、自動車を運転する時にどれほど膨大なエネルギーを消費しているのかを知りません。
関連キーワード

ライター情報: 珍満軒/studio woofoo

高校生に間違えられるロリータフェイスでありながらB89W69H88の肉体を持つグラマラスライター。身長174センチ、体重55キロ、男性。

2009年9月21日 00時00分

注目の商品