巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

0

大阪で幻の手塚治虫キャラを発見

ライター情報:野崎 泉

赤いマントに大きなコーヒーカップ、2頭身がかわいいマコちゃん。

( 1 / 3 )

10月1日はコーヒーの日! ということで、今日はコーヒーの話題。皆さんは、『珈琲は黒い魔女』というなんとも不思議な名前のコーヒーがあるのをご存知だろうか。大阪の街でときおり見かける独特なロゴの看板や配達車、そして赤いマントを着たキュートな魔女っ子キャラ。大きなコーヒーカップを抱え、小悪魔ちっくな笑顔がなんともかわいい。この顔、どこかで見たことがあるような……と以前から気になっていたのが、意を決して調査してみることに。

するとどうやら、『珈琲は黒い魔女』とは福田珈琲株式会社という会社がつくってるプロ向けのブレンドのことらしい。そして、マスコットキャラの「マコちゃん」はあの手塚治虫氏のデザインなのだそうでびっくりです。いや、こんなにかわいいのに一般の消費者にあまり知られていないのは、やっぱり喫茶店等への卸がメインのメーカーさんだから? 生誕80周年で今ふたたび手塚氏の偉業への注目が高まる中、マコちゃんは知られざる幻のキャラといえるかもしれませんね~。

福田珈琲株式会社の現社長である福田正文氏にお話を伺ってみたところ、このマコちゃんというのは20年以上も前から同社の顔として活躍しているキャラクターとのこと。

「私の父(創業者)が手塚先生の同窓で、頼んだらすんなりOKだったそうです。当時、手塚プロは経営が苦しくて、大変だったようですね。景気がよかった頃は、マコちゃんをあしらったノベルティなども数えられないぐらいたくさんつくりましたよ。

ライター情報: 野崎 泉

歴史やストーリー、何らかのバックグラウンドのあるものに魅かれます。古本、レトロ建築、喫茶などをテーマに大人の乙女道を追求中。

URL:http://www.underson.com/bibliomania/

2009年10月1日 10時00分

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品