巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

「熱のときのニオイ」って、いったい何?

ライター情報:田幸和歌子

このエントリーをはてなブックマークに追加

熱、早く下がるといいですね。

インフルエンザの流行が、まだまだおさまらないこの頃。

ところで、昔から不思議だったのは、熱が出たときに感じる独特のニオイだ。
何とも言えないニオイがするが、あれはそもそも何なのか。熱が出た本人が感じるだけなのか、それとも周りにもやっぱり匂うのか。

『読むだけで汗が少なくなる本』(講談社)などの著者で、ワキガ体臭多汗専門医院院長の五味常明先生に聞いた。
「熱が出ると汗が出ますが、汗には匂うもの、匂わないものがあります。たとえば、ウォーキングなど、有酸素運動でじっくりゆっくり出てくる汗の場合、汗腺がちゃんと機能し、体に必要なミネラル分が血液に再吸収されるため、濃度が薄くてサラサラの水に近い汗となります。これは匂わないんですよ」

では、熱が出るときの汗は、「匂う汗」ということ? どんな違いがあるのか。
「匂う汗は、急激にドッと出た汗。緊張したときの汗や、無酸素運動などでかく汗がそうで、急に熱があがったときなども一気に汗が出ますよね? これは、汗の中に、ナトリウムやカリウムなどのミネラルの結晶成分が含まれているほか、ニオイ成分も多く含まれて出るんです」

一気に出た汗に含まれる「ニオイ成分」がどんなものかというと……。
「尿素や乳酸、アンモニアなどですね」
つまり、熱のときに出る汗は、サラサラの汗とは別の種類であり、汗が匂う=熱のニオイということが考えられるという。

ということは、「熱のニオイ」は本人だけじゃなく、やっぱり周りにもわかるものということ?
「そればかりではないですよ。

ライター情報: 田幸和歌子

書籍出版社、広告制作会社を経てフリーに。月刊誌・週刊誌・夕刊紙などで執筆中。

2009年10月8日 10時00分

注目の商品