巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

プリンタのインクを無駄にしない方法って?

ライター情報:羽石竜示

このエントリーをはてなブックマークに追加

クリーニングのやり過ぎでインクを無駄にしていませんか。

インクジェットプリンタのインクって決して安くないものなのに、たまたま気に入った写真がたくさん撮れたりすると、プリントに熱くなって、インクをついつい使いすぎてしまう。が、それならまだ納得がいく。

そうではなくて、プリントしないのにインクを消費してしまう現象がある。ノズルの目詰まりを解消するため、強制的にインクを排出する「クリーニング」だ。これを行うと、微量ではあるがインクを消費する。しかし、微量といえども回数が多くなれば無視はできない。目詰まりをキレイに取り除くのに、1回のクリーニングで済むとは限らないのだ。
この明らかなインクの無駄をどうすれば減らせるのか。プリンタメーカーのエプソンさん。是非とも教えて!

つい最近、こんなことがあった。新しいモバイルプリンタで試しに挨拶状をプリントしようと思ったら、いくらやっても宛先が印字されない。が、なぜかカラーイラストは印刷できる。「黒インクは入れたばかりで満タンだしなぁ。なにがおかしいんだ」と悩んだすえ、気づいたのは黒インクの目詰まりだ。クリーニングしてあっさり解決した。
インクが新しくて満タンであろうとなかろうと、目詰まりは起こるのだ。

もしかして、室内温度や湿度が目詰まりの頻度に関係しているのでは。すると、
「基本的に推奨される動作環境の範囲内であれば、気温、湿度の変化による大きな違いはありません」
推奨される動作環境の範囲内とは?
「製品ごとに異なりますが、たとえば当社製の多機能プリンタ『EP-802A』の場合だと、温度:10~35度、湿度:20~80%(非結露)であることです」

ではどうすれば良いのか。

ライター情報: 羽石竜示

フリーライターやってます。カメラ、写真、プリンタ、PC、デジタルガジェットなどの分野をおもに執筆。また、写真撮影にも注力しております。よろしくです。

2009年10月26日 10時00分

注目の商品