巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

アドバルーンはどうやって片付けているのか

このエントリーをはてなブックマークに追加

ガスが抜かれているの図。

町でたまに見かけるアドバルーン。浮かんでいるところは見ても、それを片付けているところは見たことがない。いったい、どうやって片付けているのだろうか? アドバルーン広告を行っている、丸八宣伝株式会社の方に聞いてみた。

「アドバルーンの上げ下げは、人力で行います。直径2メートル程度のアドバルーンの場合、3~5キログラムの浮力で浮いていますので、大人であれば指2本でロープをつまんで引っ張り降ろすことが出来ます」とのこと。思ったよりも簡単なようだ。

「但し、これは無風状態でのことです。風が強ければ、その分抵抗が加わって両手で引っ張り降ろすことが困難になる時もあります。基本的にそこまでの風が出る前にバルーンを降ろします」。アドバルーンが浮かんでいるときは、最低一人のスタッフが安全かどうかをチェックしているのだそうで、意外と大変なのである。

また非常にまれなケースだが、急な突風でバルーンが傾き、地面に叩き付けられることもあるのだそう。「そんな時は、ロープの上を踏んでいきバルーンを捕まえます」とのことでなかなかアクロバティックである。ただ、アドバルーンは基本的に風速で5メートル以下でしかあげてはいけないことが条例等で決められているので、風が強くなる前に降ろしてしまうことがほとんどである。

ちなみに、アドバルーンの掲揚時間は基本的に9~17時とのことで、最終日の17時ごろに片付けるのだそうだ。「時間になったらアドバルーンを降ろし、係留場所でガスを抜きます。
関連キーワード

ライター情報: 珍満軒/studio woofoo

高校生に間違えられるロリータフェイスでありながらB89W69H88の肉体を持つグラマラスライター。身長174センチ、体重55キロ、男性。

2009年12月8日 10時00分

注目の商品