巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

ホテルの部屋ってなんで乾燥するの?

ライター情報:田幸和歌子

このエントリーをはてなブックマークに追加

乾燥しすぎには、気をつけて。

乾燥が激しく、夜寝ている間にのどが痛くなった……などという人も増える季節。

歌手のGacktは「加湿器がわりに家に滝を流している」などと、まるでネタのような仰天話を以前テレビでしていたことがあったけれど、「乾燥」は歌手や声の仕事をする人にとってはもちろんのこと、一般人にとっても悩みの種である。

なかでも、「ホテルは乾燥する」というのはよく聞く話で、乾燥対策として「浴室の戸を開け放して寝る」とか「加湿器を何台も置く」といった話をする人も多いが、そもそもなぜホテルは乾燥しやすいのか。

2007年12月より、冬期には全室に加湿器を設置している「ホテルゲートイン鹿児島」にその理由などを聞いた。
「ホテルは実際に乾燥しやすいですが、その大きな理由としてはまず機密性が高いことが挙げられます。また、冬場は特に、外の空気自体が乾燥しやすく、外の空気を室内に取り入れると、冷たい空気が入ってきますよね。ご存じの通り、水は温度によって溶け込む量が異なり、温度が高いといっぱい溶け、低いときには溶けにくくなります。ところが、暖房をすると、温度だけが上がって湿度だけが下がるため、どうしても乾燥してしまうんですよ」(支配人)

外から入った冷たい空気が、仮に冷たいままであれば、湿度もまだマシなのだが、客室を冷たくしておくままにはいかない。とはいえ、ホテルの場合、一般家庭などと違い、火を使うことが危険だという理由から、安全面を考慮して、暖房が完全に電気になってしまうのだという。
関連キーワード

ライター情報: 田幸和歌子

書籍出版社、広告制作会社を経てフリーに。月刊誌・週刊誌・夕刊紙などで執筆中。

2009年12月17日 10時00分

注目の商品