巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

0

冬は濃くなる!? 牛乳の味

ライター情報:ミドリ
このエントリーをはてなブックマークに追加

いつもの牛乳、季節で味が違うのか?

お風呂上がりに一杯の牛乳、というおなじみの習慣がある我が家で、ある日母がぽつりとつぶやいた。
「牛乳って冬になると濃くなるんだよね」
何も知らなかった私。牛乳は年中同じ味ではないのか? それは常識なのか? 真相を確かめるべく、さっそくリサーチしてみることにした。

まず自宅にあった「森永のおいしい牛乳」(成分無調整)のパック側面を見てみると、「乳脂肪分3.5%以上」とある。この「以上」というのが何やら怪しいじゃないか。当然ながら、牛乳は生き物から絞られたもの。成分は機械的にいつも一定と決まっているわけではないのかもしれない。

森永乳業株式会社広報IR部の梶さんにお話を聞いたところ、「牛乳の味が季節によって変化するのは本当です。冬になると牛乳に含まれる脂肪分が高くなり、濃く感じられるようになります」とのご回答。脂肪分の高い冬の牛乳は濃厚な味、脂肪分の低い夏の牛乳はサラッとした味になるというのだ。一般に「成分無調整」と書いてあるものは、その言葉の通り、絞ったそのままの牛乳を殺菌処理してパック詰めしているので、森永乳業の製品に限らずこのような変化があるという。

変化の原因は何か。梶さんによると、牛乳の味は育てる環境やえさなど色々な要因で変化するが、一般的に牛は暑さに弱いため、夏になると食べるえさの量が減って体内の脂肪分が低くなり、その結果、乳に含まれる脂肪分も低くなる。それに対し、冬の牛乳は脂肪分が高くなるということだ。
関連キーワード

ライター情報: ミドリ

身近な自然、生活情報が気になる気になる。元新聞記者。好物=山、雪、ドライブ、ピアノ、おいしいお米といくら、りんご

2009年12月17日 10時00分

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品