巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

パチンコ屋にはなぜ毎朝行列ができるのですか

ライター情報:田幸和歌子

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな寒さの中でも朝から並ばずにはいられない、情熱の理由って……?

寒さ厳しい日々。冷え込みなどをものともせず、朝から並ぶ人たちの姿を見かける定番スポットの1つに、「パチンコ屋」がある。

それにしても、なぜ朝から並ぶのか。

趣味というものはえてして、やったことのない人には解せない醍醐味を持っているもの。自分の場合、かつてはドラクエ発売日に並んだこと、プロ野球のオールスター戦チケットのために並んだことなどあるが、それも興味のない人から見たら「なんで並ぶの?」と思うものかもしれない。
とはいえ、毎日大勢の人が並ぶ場所となると、人気のドーナツ屋かパチンコ屋ぐらいしか思いつかない。
なぜ毎日、朝から行列ができるのか。
パチンコ好きの知人・友人などに聞いてみた。

「もちろん狙っている台というのはあります。たとえば、月曜火曜は出ていないから、水曜は出るんじゃないかとか、前日から目をつけておいたりするんですよ。夕方や、夜の閉店間際の時間に行って、チェックだけして帰り、翌日は朝いちばんで並ぶというパターンですね」
どうやって「当たりが出た台」をチェックするかというと、「今の台には上にカウンターがついていて、大当たりが何個とかわかるから」。これはパチンコをやる人なら誰でも知っていることらしい。

また、その他の「パチンコで朝並んだことのある人たち」には、こんなコメントがあった。
「新しい台が出たり、人気がある台となると、5~10台くらいしかない場合も多い。朝早く行かないと、その台自体が空いてない場合が多いから」
「朝イチに確変を探して何軒かまわるようにしているから」
「新台が全国的に導入された日、強いイベント日が重なるときなどは、やっぱり朝早くから並びたい」
「やっぱりお目当ての台があるから。
関連キーワード

ライター情報: 田幸和歌子

書籍出版社、広告制作会社を経てフリーに。月刊誌・週刊誌・夕刊紙などで執筆中。

2009年12月23日 00時00分

注目の商品