巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

ニコンの黄色のロゴが意味するものは?

ライター情報:羽石竜示

このエントリーをはてなブックマークに追加

おなじみのニコンブランドのロゴ。

( 1 / 2 )

いくつもあるカメラブランドの中でも、老舗ニコンの黄色のロゴはとくに目立つ。ところで、色だけでなく独特の抽象的なデザインは何を意味するのかちょっと以前から疑問に感じていた。誰もがよく知っているニコンロゴは何を我々に伝えようとしているのだろうか。

現在のロゴの元となったロゴ文字「Nikon」は、1955年のニコンカメラのポスター用として著名なグラフィックデザイナーの亀倉雄策氏よってつくられた。実はニコンからあらかじめ指定されたロゴ文字があったのだが、亀倉氏のポスターのイメージに合わないとのことで、独自で同氏がデザインしたのだそうだ。ちなみに同ポスターのデサインは評判となり、広告電通賞を受賞した。

1962年にはそれが小型カメラのブランドロゴになり、さらに亀倉氏デザインロゴを活かして現在のロゴ(2003年)に改良したという。なお、現在のロゴの作者は亀倉氏ではない(非公表)。

では、現在のロゴが意味するところは何か。
「基本コンセプトは『未知の可能性と信頼の融合』です」(ニコン)とのこと。とても抽象的なコンセプトに聞こえるが、それがどうロゴデザインに反映されているの?
「未知の可能性を“連続した光”として表現したグラフィックエレメントを加え、当社の使命と意志、そしてお客様の期待に応える姿勢を表しています」
つまり、「“連続した光”として表現したグラフィックエレメント」というのが黄色地の中に描かれた白抜きの連続した模様のことであろう。
関連キーワード

ライター情報: 羽石竜示

フリーライターやってます。カメラ、写真、プリンタ、PC、デジタルガジェットなどの分野をおもに執筆。また、写真撮影にも注力しております。よろしくです。

2010年1月13日 10時00分

注目の商品