巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

0

高速道路に「恋人の聖地」が増えている?

ライター情報:R&S

諏訪湖SAから見る夜景。

( 1 / 3 )

「少子化が叫ばれる少し前、2006年4月に選考委員と共に、カップルがプロポーズできるロマンチックな場所を探し始めました」(NPO法人地域活性化支援センター 鈴木さん)
現在、全国に89カ所ある「恋人の聖地」。同法人が選ぶ「恋人の聖地」が、今、高速道路のサービスエリア(SA)、パーキングエリア(PA)に増えているのをご存知だろうか。

「ある選考委員が『SA、PAってトイレ休憩の場所じゃないの?』と言ったんですが、元々、SA、PAには、夕日がきれいだとか、夜景が美しいとか、そういうスポットがあったんです。道路公団の民営化が進んで、SA、PAがファミリーやカップルが訪れる、目的地としてのスポットに変わってきました。高速道路の1,000円効果もあります」(同)

現在、NEXCO中日本管内をぐるっと囲むように、恋人の聖地が4カ所ある。静岡県の浜名湖SA、福井県の杉津(すいづ)PA、富山県の有磯海(ありそうみ)SA、長野県の諏訪湖SA。いずれも夕日、夜景、海、湖、といったキーワードで彩られる、ロマンチックな場所ばかりだ。

「全国に点在する聖地は『道』で繋がっています。聖地それぞれが単独で少子化対策に取り組むのではなく、連携を深めようという意味があります。カップルの方にはぜひ聖地でプロポーズして欲しいですね。実際、どこでプロポーズしようかと、聖地を回る人も増えています。『いくつ回ったらプロポーズしてくれるのか』と思っている女性もいるようですよ(笑)」(同)

さて、筆者が個人的なオススメな「聖地」は諏訪湖SA。

ライター情報: R&S

登山歴20年の気象予報士。ガイドの資格を持つ。科学の実験ネタを得意とするが、手間をかけているわりに受けはイマイチ。最近、腰痛が少しよくなった。

2010年2月3日 10時00分

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品