巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

0

何で無糖ヨーグルトはどれも大きいのですか?

このエントリーをはてなブックマークに追加

無糖ヨーグルト、どれも大きいですよね。

ヨーグルト人口がますます増えているそうだ。

ヨーグルトを食べるのは若い女性が中心、と思われていたのは少し前まで。最近では男性を中心にじわじわ人気が上昇中。

この現象について、病院で食生活の指導をされている先生に伺うと、
「メタボリックシンドロームを気にする人が増えて来た頃からですね。食生活を見直したいという意見が増え、ヨーグルトの食べ方を教えて欲しいという声が多くなってきました」

これまでヨーグルトが好きだった人はもちろん、苦手だった人も「健康のために食べてみようかな」と、積極的に取りいれ始めたというのだ。

それも、「甘いヨーグルトやデザート的なヨーグルトではなく、健康のためにと無糖タイプを食べる人が増えてますね」と、無糖タイプのヨーグルトを好む人が年々増えているそう。
しかしそこで問題となるのが、無糖タイプのヨーグルトは大きすぎる、ということだ。

コンビニやスーパーなどで販売されている一人向けヨーグルトは、微糖やフルーツソース入りなど甘味が追加されたものが多い。
完全無糖のタイプは450グラムから500グラムが中心。ヨーグルトを食べ慣れない人や少人数家族からすると、そのサイズは少々大きすぎる。
小量カップで無糖タイプがあれば楽なのだが……と、ヨーグルトを販売する数社の会社にその理由を伺ってみた。
するとその答えは、いずれも「小さなタイプの無糖ヨーグルトは、市場に定着しにくいから」。つまり、売り上げが伸びないということ。

ライター情報: のなかなおみ

いつか山の中に引きこもりたい大阪在住フリーライター。日々、野良猫との遭遇を楽しみに生きてます。

2010年2月9日 10時00分

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品