巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

0

画像ファイル形式、使い分けていますか?

ライター情報:もがみ

単純比較はできないものの、BMP、JPEG、GIF、PNGの特徴を比較。

パソコンやケータイで扱う画像ファイル。JPEGやGIFなどの種類があるが、うまく使い分けないと、色々問題が生じることをご存知だろうか?
「".jpg"や".gif"といった拡張子(ファイル名末尾の文字)が違うだけ」なんて、単純なものではないのだ。

「ビットマップ」などと呼ばれる画像データは、点(ドット、ピクセル、画素)が格子状に集まったもので、それぞれ「モノクロ」なら白と黒の2色、「フルカラー」なら一般的に1677万7216色表現できる。1画素あたりのデータ量は、前者は1ビット(2の1乗=2)、後者は24ビット=3バイト(2の24乗=16,777,216)になる。
フルカラーの点を1つ1つ記録した、1200万画素(4000×3000ドット)のデジカメ写真だと、1200万×3バイトで、約34MB(メガバイト)と、巨大なデータサイズになる計算。しかし実際には、メモリーカードに記録された写真1枚のデータ容量は1枚2MB~5MB程度と扱いやすいサイズ。これはJPEG形式で、「圧縮」されているからだ。

実は、画像ファイル形式によって、対応する色数や圧縮方法が異なり、それぞれの特徴を踏まえて使い分けられている。
では具体的に、よく使われる代表的な画像ファイル形式とその特徴を紹介する。[ ]内は読み方、( )内は拡張子だ。

-----
◆BMP[ビーエムピー](*.bmp)
非圧縮。白黒からフルカラーまで対応。Windowsの標準で「ペイント」でもおなじみの形式。
関連キーワード

ライター情報: もがみ

普段は勉学に励み(?)、休日にコネタ探しをしている。大阪イメージアップ作戦展開中。好物=旅、コネタ探し、デジカメ、地図

2010年2月19日 10時00分

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品