巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

アメリカ看護師の制服事情

このエントリーをはてなブックマークに追加

白衣からスクラブへ。エルビス・プレスリーをプリントしたスクラブも!

( 1 / 2 )

米国では男女ともにナースの制服は(scrub)スクラブと呼ばれていて、ネーミングからも判断できるかもしれないが、薄手のコットン仕立てでゴシゴシ洗いが可能なものがほとんど。一日に数回着替えるのも苦にならないうえ、洗濯も簡単で値段も安く、使い捨てならぬ着捨て感覚の看護師も多いと思う。

ご存知のように、ナイチンゲール由来と言われている「白衣の天使」の「白衣」も、もともとは修道服だったようだが、米国では1990年代にこのスクラブが登場して以来、ワンピース型の制服は消滅してしまったようでもある。

最近の日本の医療現場でも、このスクラブ同様の2ピースばかりで、滅多にナースキャップにワンピース姿という看護師さんには会えなくなってしまっている、というではないか!

現場の声を聞けば当然だが、確かに動きにくいだろうし衛生面での問題もあったらしい。スニーカーを履きスクラブを着てキビキビ動き回っている看護師さんは、ワンピース時代の「優しい」イメージに負けないくらい「頼もしい」イメージアップにも繋がっていると思う。

生きていれば今年「75歳!」というエルビス・プレスリー。ロックンロールのキングなだけあって、いつでも話題には事欠かない彼。
そんな彼をプリントしたスクラブまであるのが米国。「こういうのを着ているとね、患者さんとのコミュニケーションがとりやすいのよ」と看護師の知人。

ヒップホップ・ブランドからはキモラのデザインでお馴染みの「baby phat」スクラブもあるらしい。
関連キーワード

ライター情報: シカゴ/あらた

シカゴ在住の兼業フリーライター。音楽から何からいまだに80年代カルチャーをひきずって生きている。世界墓地巡りが好きな根っからの追っかけ派。

URL:http://tokuhain.arukikata.co.jp/chicago/

2010年2月24日 10時00分

注目の商品