巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

「採血しづらい人」って、どんな人?

ライター情報:田幸和歌子

このエントリーをはてなブックマークに追加

「採血しづらい」って、言われたことありますか?(写真はイメージです)

病院で採血をする際など、「血管を見つけにくい」と言われたことはありますか。

実は自分は子どもの頃から「血管を見つけにくい」と言われがちで、採血のときには腕をしばって、手を開いたり閉じたり何度もさせられたり、点滴のときなどは血管が最も見つけやすい手の甲から……ということが、ときどきある。
別に太っているわけではないのだが、これって、なぜなのか。

そういえば、検診時の採血で失敗され、「二度刺された」などという人の話もときどき聞くけれど……。
「採血しづらい人」「血管を見つけにくい人」って、どういう人なのか。皮膚が厚いとか、血管が細いとか? そもそも採血の場所って、どうやって決まっているのか。『血管力』(成隆出版)著者で、医療法人社団池谷医院の池谷敏郎院長に聞いた。

「採血は、通常は肘の曲がるほうの内側『肘正中皮(ちゅうせいちゅうひ)静脈』でとります。この静脈は比較的太くて皮膚の表面近くを走っていることが多いからです」
最も血をとりやすい人は、太い静脈が皮膚の下にすけて見える人だそうだ。
「やっぱり太っている人のほうが、静脈が皮下脂肪に埋もれて見えにくいので、とりにくいということはありますね。静脈がよく見える部位を見つけられない場合、次に指で触って静脈を確認します。表面上、静脈が見えないときでも触ってみると太い静脈を確認できる場合もよくあるんですよ」

また、前述のように、一般的には肘正中皮静脈がいちばん目立ち、本来は最も採血しやすい場所なのだが、その静脈は細くて、あるいは深い場所を走っていて、別の場所が発達して太く目立つという人もいるのだそうだ。
関連キーワード

ライター情報: 田幸和歌子

書籍出版社、広告制作会社を経てフリーに。月刊誌・週刊誌・夕刊紙などで執筆中。

2010年2月26日 10時00分

注目の商品