巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

0

ノートPCのゴム足が必要なワケ

ライター情報:羽石竜示

あなたのノートPCのゴム足は健在ですか。

ノートPCの裏に付いているゴム足。小さくて平べったいこのゴムの役割を知っていますか。一見どうでもいいようなものだが、大事な役割があるのだ。そこで今回はそこのところをちょっと掘り下げてみたい。

ゴム足の一般的な役割は何か。メーカーに確かめてみた。すると、
「衝撃吸収、滑り止め、放熱効果だ」という。ほかに振動の吸収効果もある。ゴムだから衝撃吸収や滑り止めの役割を果たすのは誰でも納得するだろう。しかし、放熱は、ちょっと説明を要する。

ゴム足を付けるとパソコン本体と設置面に隙間ができる。それによって通気性が良くなり、放熱効果があるというわけだ。だが、ノートPCのゴム足はデスクトップPCのそれと違い、とても小さくて薄い。なので、隙間といってもほとんどないように見える。

衝撃吸収についても同様、こんな小さいゴムで十分に役割を果たしているのだろうか。
「ノートPCとデスクトップPCでは筐体の重量が異なるため、ゴム足のサイズや数量が異なるのです」(大手メーカー)との説明。

なるほど確かに、ネットブックや超小型ノートPCのゴム足がデスクトップPCのそれより小さいというのは道理かも知れない。とはいえ、ノートPCは一般的にデスクトップPCよりデータ処理能力が劣る分、軽くて小さいのだが、一部のモデルを除いて衝撃には決して強くない。中でも、データを記憶するハードディスクがとくに衝撃に弱い。

小さくて薄いゴム足はどうしても衝撃吸収や放熱の能力は低い。
関連キーワード

ライター情報: 羽石竜示

フリーライターやってます。カメラ、写真、プリンタ、PC、デジタルガジェットなどの分野をおもに執筆。また、写真撮影にも注力しております。よろしくです。

2010年3月12日 10時00分

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品