巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

映画の途中でトイレに行きたくなる理由

このエントリーをはてなブックマークに追加

作品よりトイレに気持ちが奪われてしまうこと、ありませんか?

映画館に行くと、上映中にトイレに行きたくなることが多い、という声を耳にする。かくいう筆者もその一人。警戒して水分摂取を控えても、上映も後半になると、だんだんと下腹部が気になり出す。普段なら2時間くらい行かなくてもなんてことはないのに、なぜ映画館ではあんなにもトイレに行きたくなってしまうのか。

「これは軽度の、パニック障害の一種だと言えそうですね」

そう教えてくれたのは、NPC心理ドックの新田和也先生。

「水分を控えているということは、膀胱はまだ満タンにはなっていないはず。それでも行きたくなってしまうのは、映画館で何らかの理由で緊張し、膀胱が一気に収縮してしまっていると考えられます」

パニック障害と聞くと少し驚いてしまうが、これは特別なことではなく、誰にでも起こることだと言う。

「映画館で通路から離れた内側の席になってしまったときのことを思い出して下さい。こういった場合、途中で席を立つことで他人に迷惑をかけたり、嫌な思いをさせてしまうことがありますよね。人に迷惑をかけたくない、トイレに行きたくなったらどうしよう……という『恐れ』から緊張し、膀胱が萎縮してしまうんです」

なんと言うことだ! 『映画館でのトイレ』を気にすること自体が自分のクビを締めていたわけだ……。映画館以外にも、長距離バスに乗っている時や、会議に出席しているときなどにも同じ現象が起こりやすいそう。

「この症状が起こりやすい人は、不安なことがあると前もって準備する傾向があると思います。
関連キーワード

ライター情報: rotten/studio woofoo

雑誌編集者を経て、フリーライターとして活動開始。今後の方向性に迷う多感な年頃。

2010年3月23日 10時00分

注目の商品