巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

京都の“散らない桜”って?

このエントリーをはてなブックマークに追加

朱塗りの建物に、ピンクの木がパッと目を引きます。

ちらほらと桜の開花情報が全国各地から届きはじめ、季節はもう春。

花冷えや桜を散らす春の雨が心配な時期だが、そんな本物の花と違って“散らない桜”もある。
それは京都の平安神宮で見られる春の風物詩。春限定で登場する、ちょっと珍しい“桜”なのだ。

その桜が用意されているのは平安神宮内の広い境内、神楽殿のちょうど目の前。それは遠目に見れば小振りな桜の木に見える。

実はこれ作りもの。自分で花を増やすことのできる桜の木なのだ。

その方法、まずは境内で桜みくじと呼ばれるおみくじ(初穂料300円)を引く。普通なら真っ白な紙で作られているおみくじだが、これに限ってはその名の通り、綺麗なピンク色の用紙。

それを結びつけるのは、神楽殿の前に3本用意された特別な結び木だ。
可愛いおみくじなので、思わず持って帰りたくなってしまうが、結べば願いが叶うとも言われているので、願いを込めつつどうぞ。
結び木にピンクのおみくじが結ばれ、色づく様子は桜が満開となっていくよう。これが、散らない桜の正体だった。

このおみくじ、始まったのは平成18年度とまだ比較的新しいものの、すでに噂となって毎年春には多くの人がこの木におみくじを結びつけていくという。
その数、例年3万枚ほど。枝いっぱいにおみくじが付いて無事に満開となったら、願いが叶うように神宮が祈願をしてくれるそうだ。
願いが叶うから人気とも聞くが、何よりその見た目が可愛らしく春の京都にはピッタリの新名物だ。
関連キーワード

ライター情報: のなかなおみ

いつか山の中に引きこもりたい大阪在住フリーライター。日々、野良猫との遭遇を楽しみに生きてます。

2010年3月30日 10時00分

注目の商品