巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

0

柏餅代わりに、黒と白の“べこ餅”はいかが?

黒糖だけでなくヨモギ味など種類も豊富ですが、基本は白黒ツートンカラーのようです。

もう少しで端午の節句だ。端午の節句といえば、ちまきに、そして柏餅。
この柏餅が全国のスタンダードかと思いきや、北海道や東北地方ではどうも様子が違うらしい。

青森と北海道で端午の節句に登場するのは、「べこ餅」と呼ばれる和菓子。

まず青森で食べられるべこ餅は、甘いもち米に色をつけ、何色も重ねて切ることで花模様などを表現したもの。
柏餅と違って餡は使わず、食べ方は蒸したり焼いたり。青森では端午の節句、1カ月遅れの6月5日に食べられるそうだ。

そしてこのべこ餅文化、江戸方面には流れず北海道へと北上した。
北海道のべこ餅もまた餡を使わない。黒糖と白糖で色を付けた2つの餅生地を重ね、まるで葉っぱのような形にまとめる。
色鮮やかな東北のものとは違って、こちらは白と黒のシンプルな見た目。ずっしりとした風貌はいかにも素朴。
食感はどちらかと言えば餅よりもネットリとして、ういろうにちかくお腹も膨れる。

このべこ餅、明治30年頃の文献には登場しているそうで、小樽や北海道に多い「東北由来の文化のひとつでは」と、観光協会の方は言う。

そもそも北海道小樽にはお餅屋さんが多いのだそうだ。
それは肉体労働者が多かったせい。ともいわれているが、真偽は定かではない。しかし実際、小樽には餅や餅菓子好きが多い。このべこ餅も一年をとおして販売され、何も端午の節句用だけと言うわけではないそう。

もともと端午の節句にはお餅を食べる習慣があり、お餅の中でも北海道ではべこ餅の人気が高かった。

ライター情報: のなかなおみ

いつか山の中に引きこもりたい大阪在住フリーライター。日々、野良猫との遭遇を楽しみに生きてます。

2010年5月3日 00時00分

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品