巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

ワニ肉にカンガルー肉!? 謎の珍味肉セットを食べてみた

ライター情報:スズキナオ

このエントリーをはてなブックマークに追加

このパッケージにひるむ!

( 1 / 2 )

最近、行列のできる有名焼肉店で、とろけるような肉を味わって以来、ぼんやりと肉について考えることが多くなった。そんなある日、ネットを通じて偶然出会ったのが「凍大文III(とうだいぶんさん)」という謎なネーミングを持つ珍味肉パック。中身はワニ・ダチョウ・カンガルー・馬の4種の肉だという。ちょっと怖いが、取り寄せてみることにした。

数日後、自宅に届いた箱を開けると冷凍された肉がごろごろと現れたが、まず(写真上)のパッケージが目に飛び込んできた!少し、うろたえる。数時間かけて自然解凍後、友人宅に集まって、いざバーベキュー!

それぞれの肉を食べやすい薄さにスライスし、とりあえず順番に食べ比べてみることに。味付けには塩と焼肉のタレを用意した。

まず、ダチョウ肉。おそるおそる食べたが、思ったよりクセのない味。タレをつけて食べてみたら「牛肉みたい!」と友人の声。歯ごたえがしっかりしている印象。

次に、カンガルー肉。焼く前から独特の香り。ケモノっぽい匂いというか……。焼き上げて塩で味わってみると、ダチョウに比べてかなりワイルドで濃厚な味!好き嫌いが分かれるところかもしれない。タレにつけてみるとジンギスカンを食べているような味になった。タレとの相性が良い。

「馬刺し」は居酒屋などでもよく見かけるし、今回のラインナップの中では一番なじみのある馬肉。臭みもなく、さっぱりした味わいで食べやすいが、ダチョウの方が好き! という声多し。
関連キーワード

ライター情報: スズキナオ

1979年生まれ水瓶座・A型。立ち飲みや無目的な街歩きが趣味。チミドロっていうテクノバンドをやっています!

2010年5月18日 10時00分

注目の商品