巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

0

古くて新しい! 東京で飛行船体験はいかが?

ライター情報:R&S
このエントリーをはてなブックマークに追加

晴海ふ頭から離陸する飛行船。

( 1 / 3 )

今年の4月10日、東京の海の玄関口・晴海ふ頭から、飛行船が飛び立つようになったことをご存知だろうか。大きな機体が、都心のビル群にゆっくりと向ってゆく。

株式会社日本飛行船が運航する「ツェッペリンNT」は全長75m、ジャンボ機よりひと回り大きい。乗客を乗せて飛べるものとしては日本で唯一。ヘリウムガスの浮力で浮き上がる原理は風船と同じだけれど、その内部はカラッポではなく、カーボンファイバーの骨組が入っているのだという。

「飛行船は『空気より軽い』乗り物です。ふわりと離陸し、揺れの少ないフライトを楽しめます」(日本飛行船)
早速晴海ふ頭に行ってみると、ファンは多いよう。多くの見物客の中、「ツェッペリンNT」はふわりと浮かび、右回りにゆるりと旋回しながら都心方面へ消えた。エンジンが付いているので音はする。しかし、飛行機やヘリコプターに比べると圧倒的に静か。静かさゆえ、地上300~600mの低空を飛ぶことができるのだという。東京タワーとスカイツリーの中間くらいの高さから、渡り鳥の目線で風景を楽しめる。「天使になったよう」と語るお客さんもいるそうだ。ああ、気持ちよさそう。

現在運行されているのは、「東京コース」(40分)と「横浜東京コース」(90分)の2つの遊覧コース。10人乗りということもあって、値段の方はやや高め(税込\63,000~\126,000)だが、どんなお客さんが乗っているのだろうか。
「これまではご年配のお客さまが多かったです。
関連キーワード

ライター情報: R&S

登山歴20年の気象予報士。ガイドの資格を持つ。科学の実験ネタを得意とするが、手間をかけているわりに受けはイマイチ。最近、腰痛が少しよくなった。

2010年5月23日 00時00分

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品