巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

0

巨大な鉄のプラモデル

この状態で送られてくる。

( 1 / 3 )

子供の頃、周りから一目置かれる要因として“プラモデル作りの上手さ”があったと思う。これぞ、男のスキルというか。
しかし、今やプラモは大人の遊びでもある。「数カ月を要して作った、○○城のプラモデル」なんて聞くと、趣味に生きる大人の男に思えて妙にカッコいい。

そして、ここに“大人向けプラモデル”とでも呼びたくなるような、特別なブツがある。オンラインショップの「密買東京」で2007年5月より販売されている『FLAT PACKING CHAIR(フラット・パッキング・チェアー)』がソレだ。

画像を見てほしい。購入すると、この状態で送られてくる。これを、ニッパー、ドライバー、金やすりを使って、バラして組み立てて、形の異なる2つのスツール(座席部分が円形の物と三角形の物)を完成させるのだ。

これを開発したのは、建築家の芦沢啓治さん。ただ、建築に携わる方だとしても、あまりにも茶目っ気タップリなプラモだと思うのだが。
どうも、芦沢さんは昔から“鉄”という素材に着目していた模様。鉄の可能性に興味を持ち、その特性を導き出そうと様々なプロトタイプを製作していた。そのひとつが、この『FLAT PACKING CHAIR』。

きっかけは偶然。ある日、芦沢さんの事務所に訪問した「密買東京」のスタッフが、このプラモを発見した。そこで一目惚れしてしまった同店のバイヤーが「ウチで売りませんか?」と直談判し、めでたく販売されるに至った。
関連キーワード

ライター情報: 寺西ジャジューカ

1978年生まれ。ブライアン・ジョーンズとビートたけしと前田日明と大江慎也と有吉弘行を敬愛する。好物=局アナ、篠田麻里子

URL:Facebook

2010年5月31日 10時00分

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品