巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

0

辛いシシトウ、ストレスも一因に!?

ライター情報:ミドリ
このエントリーをはてなブックマークに追加

この中に辛いシシトウはありやなしや?

青々としていて食欲をそそるシシトウ。焼いても天ぷらにしてもおいしいが、たまに辛いものに当たることがある。なぜ辛いシシトウができてしまうのか、そのワケは、「『ししとう』にはなぜ辛いものが混ざるのか」で紹介したとおり、トウガラシとの交配にあることがわかった。

しかし実は、理由がもう一つあるという。それは“ストレス”。シシトウにストレスという、ウソのようなホントの話の真実を、専門家の方に聞いてみた。

全国有数のシシトウ生産地である高知県の県農業振興部産地づくり課・高橋昭彦さん。
「あ~、辛いシシトウに当たったことがありますか、それは申し訳ありません」
初めから丁寧に謝られてしまった。やはり農家の方も気にしてらっしゃるのだろう。

高橋さんによると、シシトウを辛くしてしまう“ストレス”は、育つ過程の水不足や暑さからくるものだとのこと。今市場に出回っているもののほとんどはハウス栽培されているが、夏が近づき暑くなると、日中のハウス内は40度近くまで上がって乾燥し、人にもシシトウにも非常に過酷な状況になってしまう。この影響で根から吸う水の量が少なくなると実の肥大が遅くなり、辛いシシトウができてしまうというのだ。
辛みが生成されるメカニズムは未解明だが、現在のところ、植物が暑さや乾燥などにより、辛み成分にかかわる遺伝子が活発に働くと考えられているそうだ。ストレスで辛くなんて、なんだか植物にも感情があるようで親しみがわいてくるお話だ。
関連キーワード

ライター情報: ミドリ

身近な自然、生活情報が気になる気になる。元新聞記者。好物=山、雪、ドライブ、ピアノ、おいしいお米といくら、りんご

2010年6月9日 10時00分

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品