巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

ベッド横に鉄道模型を置くホテルルーム

このエントリーをはてなブックマークに追加

ベッド横に鉄道模型。寝るのがもったいないかもしれない。

小さい頃は、自分の好きな物と一緒にベッドに入り、その体勢のまま寝てたりしてた。たとえば、横にズラッとキン消しを並べて、そのまんま夢の世界へ……。今考えると笑っちゃうが、愛する物たちには眠ってる時も近くにいてほしかったのだ。

だからこそ、このホテルルームは鉄道ファンに垂涎もののハズだ。秋葉原ワシントンホテルでは、室内に鉄道ジオラマを設置したルームを6月15日より開設したという。その名も「クハネ1304」。

このルーム内にあるジオラマ、全貌が実にスゴいのだ。線路の総延長は約30メートル、広さは約4平方メートル。L字型で、同時に4路線の操作が可能。同ホテルを中心とした秋葉原の街並みと東京タワーを精巧に再現し、山の中腹には同ホテル関連施設の「箱根小涌園」を配置。しかも、製作費は約300万円……!

デザインの監修は、鉄道模型が走るバー「銀座パノラマ」の鈴木邦夫氏が。ジオラマの作成は、ジオラマ・模型製作のプロ集団「株式会社ディディエフ」が、それぞれ担当。まったくもって、文句つけようのない力の入れようである。
そして基本、ジオラマ上に走らせる車両は宿泊者が持参するのだが、1,000円でホテルからのレンタルも可能だそう。

そんな、マニアにとっては夢空間なルームを開設したきっかけは? ホテルに直接伺ってみた。
「当ホテルは、秋葉原で27年間営業していたのですが、2年前に建て壊しをして今年の5月15日にリニューアルオープンしたばかりなんです。

ライター情報: 寺西ジャジューカ

1978年生まれ。ブライアン・ジョーンズとビートたけしと前田日明と大江慎也と有吉弘行を敬愛する。好物=局アナ、篠田麻里子

URL:Facebook

2010年7月4日 00時00分

注目の商品