巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

サッカーの審判ユニフォームがやけにカラフルな理由

ライター情報:イチカワ

このエントリーをはてなブックマークに追加

黄色です。

赤色・水色・黄色・黄色。
これは、「2010 FIFAワールドカップ」南アフリカ大会で、日本戦を担当した審判のユニフォームの色。
今大会、審判のユニフォームで使われている色は、赤・黄・水色・黒の4種類。その中から、両チームのユニフォームの色と系統が重ならないよう、選ばれている。

そこで、今さらながらの疑問。昔って、審判のユニフォームといえば黒だったはず。どうしてカラフルになったんだろう。日本サッカー協会の松崎康弘審判委員長に話を伺った。
「例えばJリーグでは、各チームがユニフォームの色を自由にデザインできるよう、ワールドカップが採用する以前から、カラフルなユニフォームを取り入れています。審判が黒一色ですと、黒に近い紺などのユニフォームは作れないですよね。そこで、数色そろえているんです」

ワールドカップの審判がカラフルになったのは、1994年のアメリカ大会。上半身の色を、金・銀・ピンクから選べるようにした(具体的には、それぞれ黒が混ざったグラデーション模様)。その大きな意図は、フィールド上を華やかにするため。観客を意識した演出として、長く続いてきた黒という伝統が崩された。

ただ、そもそも審判のユニフォームがずっと黒だったのは、伝統とはいえ単なる「名残」という側面が大きかった。裁判官の黒い服に「どんな色にも染まらない」という意味があるのとは、どうやら違う。
その昔、サッカーが発祥したころのイングランドでは、「サッカーは紳士のスポーツだから、紳士は故意に反則を犯さない」という原則があった。
関連キーワード

ライター情報: イチカワ

国語ができなかった理系人間が、何を間違ったか文章書いてます。好物=無理のないジョギング、坂のない自転車移動、重くない人間関係

2010年7月11日 00時00分

注目の商品