巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

0

しゃぶしゃぶの主流が牛から豚になってきた理由

ライター情報:田幸和歌子

冷しゃぶのおいしい季節です。

いまや日本料理の一つの定番となっている「しゃぶしゃぶ」。
もともと中国の火鍋料理がヒントになったと言われ、「しゃぶしゃぶ」という名称・料理は、1952年に大阪の「スエヒロ」が考案したものとされている。

ところで、かつては「しゃぶしゃぶ」というと、牛肉が主流だったように思うのだが、今は家庭でも飲食店でも「豚しゃぶ」のほうが定番になっている気がする。
これはなぜなのか。「ぽんしゃぶ」「ごましゃぶ」のしゃぶしゃぶのタレを古くから販売し、しゃぶしゃぶを家庭料理として定着させてきたミツカン・広報担当者に聞いた。

「しゃぶしゃぶは、確かにかつては牛肉が主流でしたが、BSEの影響で、一時牛肉を食べなくなり、かわりに豚しゃぶの人気がぐんと上がりました。あとは、価格の問題ですね。豚肉は安く、手軽に食べられることから、豚しゃぶが流行り、2006年頃にはつけダレにこだわる『つゆしゃぶ』などの飲食店が人気となりました。豚しゃぶの多様化です」

ミツカンでも、かつては「しゃぶしゃぶ=牛肉」としての訴求をしてきたというが、今は豚肉に以降してきているのだという。
「『しゃぶしゃぶのタレ』のお客様の試食販売やテレビCM、店頭ポップなどでも、今は豚肉を使用したものになっております」

しゃぶしゃぶにおける「牛→豚」の流れとは別に、季節による違いも見られるという。
「年末年始の特別なときには、高級なもののニーズが高まります。そのため、しゃぶしゃぶも牛を訴求しているんですよ」

そもそも「しゃぶしゃぶ」自体がいつの時季にいちばん出るかというと、日常的な場面よりも、圧倒的に年末年始が多いそうで、通常のお鍋などと同じく「ごちそう」「団らん」的意味合いが強いという分析だ。
関連キーワード

ライター情報: 田幸和歌子

書籍出版社、広告制作会社を経てフリーに。月刊誌・週刊誌・夕刊紙などで執筆中。

2010年7月13日 10時00分

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品