巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

この夏、ビールには氷を浮かべて

このエントリーをはてなブックマークに追加

そのまま瓶で行きたくもなりますが、そこは我慢してオンザロックでどうぞ。

酒離れだなんだのと言われていたって、夏にはやっぱり氷入りの冷たいお酒の売上があがる。
昨年くらいからハイボールが市場を賑わし、さらにワインに氷をたっぷり入れた“かち割ワイン”が居酒屋を中心に人気上昇中だ。

氷をガンガンに入れた飲み物は、身体に悪そうだなあ。なんて思いながらも夏には止められない。
そんな氷×酒の関係。氷から縁遠いと思われていたビールにまで、その手が及んでいた。

そのお酒の名前は“オンザロックビール”。秋田でビール醸造をしている湖畔の杜さんが、2年前から作られているこのビール。氷を浮かべて飲む、その名の通りオンザロック専門のビールなのだ。

氷を加えることを想定し作られているので、非常に濃い色合い。味わいもしっかり目で、氷が溶けても耐えられる濃厚ボディ。
「氷を入れて飲むと焙煎した麦芽の香ばしさが立ち、アイスコーヒーのような香りが楽しめますよ」
と、湖畔の杜さん。

飲み方はグラスにたっぷりの氷を入れて軽くひと混ぜ。グラスが冷えたら氷の上から静かにビールを注ぐだけ。ビールに氷を加えるのではなく、氷の上にビールを注ぐのがポイントだ。
氷が触れてもふんわりきめ細かな泡は潰れず、さらにキュッと締まった冷たさを楽しめる。

度数は6%で、普通のビールよりも少し高め。しかし氷を入れて飲むせいか、それほどキツさは感じない。もちろん氷を入れずに飲んでも大丈夫だが、入れたほうがより美味しさを堪能できるそう。

もともとこの形式、日本どころか世界でも珍しい。
関連キーワード

ライター情報: のなかなおみ

いつか山の中に引きこもりたい大阪在住フリーライター。日々、野良猫との遭遇を楽しみに生きてます。

2010年7月17日 00時00分

注目の商品