巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

0

牛乳パッケージに掲載される“ミルクと紅茶”のコラム

このエントリーをはてなブックマークに追加

パッケージの側面に“ミルクと紅茶”のコラム(写真はコラムの第2回)。

子供の頃は、「大人になればコーヒーが大好きになってるはず」と想像していた。しかし、人間の味覚も嗜好もそう簡単に変わるわけがなく。みんなが美味しそうにコーヒーを飲んでいる中、私だけは紅茶をオーダー。その点を、昔は妙に気にしていた。

そんな時、忌野清志郎が「紅茶が好きで、よく飲んでる」と“紅茶派”を表明していたのだ。これには、私も自信を持った。絶対的に勇気付けられた。それからは一点の迷いも無く、私も“紅茶派”です。

実は、我々のような人種には興味深い“紅茶トリビア”が、ある場所で連載されている。それは、タカナシ乳業株式会社から発売されている『タカナシ 低温殺菌牛乳1000ml』(税込み283円)である。
この商品のパッケージの側面広告欄で、7月1日よりミニコラム「ミルクと紅茶のお話」(全10回)が掲載されているのだ。

このコラムを書いているのは、紅茶研究家であり紅茶専門店「ディンブラ」を経営する磯淵猛氏。
“紅茶研究家”なんて聞き慣れない職業だが、だからこそ日本屈指の存在である。

実はコラムの第1回が、発売中の商品にすでに掲載されている。すごく面白い内容なので、ここに要約して紹介させていただきます。
題して「ミルクは先か、後か、英国紅茶論争ついに決着」。

イギリスといえば紅茶の国だが、その代表的な飲み方は、1870年ごろから流行った“ティー・ウィズ・ミルク”(紅茶と牛乳を一緒に混ぜたミルクティー)。
ところが、ミルクの入れ方によって美味しさが変わるという論争が勃発した。
関連キーワード

ライター情報: 寺西ジャジューカ

1978年生まれ。ブライアン・ジョーンズとビートたけしと前田日明と大江慎也と有吉弘行を敬愛する。好物=局アナ、篠田麻里子

URL:Facebook

2010年7月24日 00時00分

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品