巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

新幹線のアイスクリーム、なぜ固い?

このエントリーをはてなブックマークに追加

つい買ってしまう新幹線のアイスクリーム。すぐ食べようとすると、サジが割れてしまうのでご注意。

新幹線でちょっと遠出、という時についつい買ってしまうものがある。
それは車内販売のアイスクリーム。しかし買った後にいつも思い出すのだ。「新幹線のアイスクリームは固い」。

このアイス、名前をスーパープレミアムアイスクリームといい、作っているのはスジャータで有名な、めいらくグループさん。
どこで販売されているのか伺ってみると、東北(東日本)、東海、山陽(西日本/新大阪‐博多間)の各新幹線の車内。残念ながら「北海道、九州新幹線つばめでは販売いたしておりません」ということだが、それにしたって随分幅広い。

味はバニラ、抹茶、コーンポタージュ、ストロベリー、モカの全5種類。
東海道、山陽新幹線(博多まで)間で販売されているのがバニラ、抹茶味。東日本管区ではそれにプラスして、コーンポタージュ味を販売しているそうだ。
個人的に東日本管轄にあまり馴染みがないため、コーンポタージュ味は初耳。聞いてみると、不思議と癖になる味でファンも多いそう。

販売当初は145ml(300円)だったものが、 現在では120ml(260〜270円)。ちょっとだけ量が減ってお値段は少しお安くなっていた。
確かにたっぷり容量もいいが、車内では120mlサイズがちょうどいいかも。

さて何より気になるのが、その「固さ」。社内販売の売り子さんにまで「固いのでお気をつけくださいね」と言われてしまう最強のアイスである。
冷やし方が普通のアイスと異なるのだろうか。

ライター情報: のなかなおみ

いつか山の中に引きこもりたい大阪在住フリーライター。日々、野良猫との遭遇を楽しみに生きてます。

2010年8月5日 10時00分

注目の商品