巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

「女性の飲酒」には危険がいっぱい!?

ライター情報:田幸和歌子

このエントリーをはてなブックマークに追加

暑い時期の一杯は美味しいもの。でも、飲み過ぎにはご注意を。

暑い! ともかくお酒が飲みたい!――日々、そんな夜の1杯を楽しみに過ごしている人も少なくないかもしれない。

ところで、「いまの女の人にはお酒が強い人、多いよね」などという指摘をよく耳にするが、『かくれ躁うつ病が増えている』(共著)を持つ、医療法人社団榎会・榎本クリニックの深間内(ふかまうち)文彦院長によると、「女性の飲酒率は伸びているものの、男性に比較してアルコールによるリスクは高い」という。

「『国民栄養調査』によれば男性の飲酒率は減少しており、特に20代・30代の若い男性では、習慣的に酒を飲む人の数が減り続けています。いわゆる草食系男子の酒離れですね。それに対して、絶対数こそ男性に比べれば少ないものの、女性の習慣的な飲酒率は顕著に伸びていて、20年で2倍近くにもなるんですよ」

これには、女性の社会進出が進み飲酒の機会が増えたことのほか、アルコール飲料メーカーが女性にターゲットを当て、「糖質オフ」「カロリーオフ」と銘打った健康志向のキャッチコピーで宣伝・浸透していることなども影響しているよう。

ただし、女性の飲酒には、男性と異なった問題があるのだという。
「女性の場合、習慣的な飲酒(週3回以上、1日にビール大びん1本または日本酒1合相当以上)からアルコール依存症に至るスピードが速いといえます。男性では20年前後をかけてなることが多いのに比べ、女性では数年、早ければ1年でも酒びたりの日々になってしまうリスクがあるということです」
その理由は、通常男性に比べれば女性は小柄であることから、身体の血液量も少ないため、どうしてもアルコールの血中濃度が高めになりがちだということ。
関連キーワード

ライター情報: 田幸和歌子

書籍出版社、広告制作会社を経てフリーに。月刊誌・週刊誌・夕刊紙などで執筆中。

2010年8月17日 10時00分

注目の商品