巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

海外旅行、変圧器はもういらない?

ライター情報:R&S

デジカメ充電器の例。
1. 充電器本体は100~240V対応で全世界で使える。
2. 電源コードは125Vまでの規格だが、240Vでも使えた。
3. プラグ部分は国ごとに異なるので、変換プラグを取り付けている。

気温の上がった今年の夏。それに釣られたわけではなかろうが、日本円の価値もずいぶん上がっている。この夏、海外へ旅された方も多いのではなかろうか。

ところで、海外で日本の電化製品を使う時に注意したいのが、電圧の違い。日本のコンセントの電圧は100V。世界の中では最も低いと言ってよく、多くの国は220V~240V。だから、海外で日本の電化製品を使うには、コンセントの形を変える変換プラグと一緒に、電圧を下げる変圧器が必要になる。

はずなのだが、最近、変圧器のいらない電化製品が増えているようなのだ。筆者の旅したノルウェー、イギリス、エジプト。電圧は230V、240V、220Vだが、デジカメも携帯電話も、変換プラグだけで充電できた。

家電量販店での調査、メーカーへの取材などから次のことがわかった。
○電動シェイバー……店頭のおよそ3分の2の製品が、変圧器不要の100~240V対応
○携帯電話の充電器……我が家の2台のうち、1台は100~240V対応、1台は100V専用。100~240V対応が増えている様子
○ノートパソコン……2社の製品を調べたところ、数年前の機種には100V専用のものが少なくないが、最近発売のものはほとんどが100~240V対応
○デジカメ充電器……大手2社に聞いたところ、現在販売中のものはすべて100~240V対応

ということで、最近の製品の多くが100~240V対応になっており、海外でも変換プラグだけで使えるようだ。我が家の携帯電話の場合も、海外対応の充電器が別売りで安く手に入りそう。変圧器を買うよりもお得なようだ。

ひとつ注意しておきたいのは、充電器やACアダプターに、「本体」と「電源コード」の2つに分離できるタイプがあること。本体が100~240V対応でも、電源コードが125V以下の規格の場合があるのだ。実は、筆者のデジカメ充電器がこのタイプ。電源コードは余裕を持って作られているので、古かったり傷んでいたりしていなければ240Vでも大丈夫だと思う(筆者は一度もトラブルに遭っていない)が、自己責任ということになるので、心配な人は電源コードを交換しておくとよい。

関連写真

携帯電話の充電器の表示。上は100~240V対応、下は100V専用。

関連キーワード

ライター情報: R&S

登山歴20年の気象予報士。ガイドの資格を持つ。科学の実験ネタを得意とするが、手間をかけているわりに受けはイマイチ。最近、腰痛が少しよくなった。
好物=雪山、フリークライミング、真空管アンプ、ビールと麻婆豆腐、午後の居眠

2010年8月21日 00時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ブログに投稿
  • mail

注目の商品

モバイルでコネタをチェックしよう!