巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

1

中途半端な490mlペットボトルがある理由

ライター情報:イチカワ

確かにスタイリッシュなような気もします。

小型のペットボトル飲料は、いろんな容量のものがある。
最もよく見る500ml以外に、例えばコンパクトで飲み切りやすい350mlや280ml、お得感が売れた一因になった「いろはす」の520mlなど。あと他にも、高級路線の商品は、ちょっと少なめの容量で作られてたりする。

そんな中、その存在理由が分からない容量のものがある。それは「490ml」。500mlからたった10ml減らしただけの、500mlとほとんど変わらないサイズ。コンパクトじゃないし、高級路線ってわけでもない。値段も500mlと同じで、お得感もない。

一体どうして、490mlっていうサイズがあるんだろう? 十六茶や若武者などで490mlペットボトルを採用している、アサヒ飲料に話を伺った。

「各社優れたお茶を販売している中、お客様に当社の製品を手に取ってもらう工夫として、容器のデザインや形状で個性を出しているんですね。そのとき、デザイン上の理由で少し細身にしたものなどは、10ml減らす結果になっているかと思います。店の棚に置くことを考えると、500mlを保つために商品を縦に長くするわけにもいきませんし」

また、期間限定のペプシやセブンアップ、プロテインウォーターなどで490mlを採用してる、サントリーにも伺った。
「やはり、それぞれの商品コンセプトをふまえた形の容器を作った結果、490mlになったという理由が大きいです。また炭酸の場合は、飲み切ることを考えると、490mlでも充分な満足感を得られるなどの判断もあるかと思います」

1996年に500mlペットボトルは登場。

ライター情報: イチカワ

国語ができなかった理系人間が、何を間違ったか文章書いてます。好物=無理のないジョギング、坂のない自転車移動、重くない人間関係

2010年9月13日 10時00分

コメント 1

  • 匿名さん 通報

    だったら増量しろ

    2
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品