巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

0

にらめっこは遊びじゃなかった

ライター情報:イチカワ

あっぷっぷ〜。

この前、久しぶりに「にらめっこ」をした。親戚の子どもからの挑戦に、気恥ずかしさを捨てて、渾身の変顔で勝負。でも子どもは白目に集中してて、こっちを見ている様子はなく。そのとき、心の中でボヤいた。「どうして昔の人は、こんな遊びを考えついちゃったんだよ……」と。

そう、どうして「にらめっこ」っていう遊びは生まれたんだろう。はじまりが気になって、調べてみた。すると、今の遊び方になったのは江戸時代だということ、そしてもとは遊びじゃなく、マジメな勝負であり、訓練のようなものだったことがわかった。

文献によると、にらめっこのもととなった勝負は、鎌倉~室町時代にはあったという。ルールは、目と目を合わせてにらみ合い、目をそらさなかった方が勝ちというもの。当時は「目比べ」や「目勝(めがち)」などと呼ばれていた。

さらに、その勝負が行われるようになった経緯が、民俗学者・柳田國男氏の本「明治大正史世相篇(上)」で、こう説明されている。

<今まで友人ばかりの気の置けない生活をしていた者が、初めて逢った人と目を合わすということは、実際は勇気の要ることであった。知りたいという念慮は双方にあっても、必ずどちらかの気の弱いほうが伏し目になって、見られる人になってしまうのである。
通例群の力は一人よりも強く、仲間が多ければ平気で人を見るし、それをまたじろじろと見返すことのできるような、気の強い者も折々はいた。この勇気は意思の力、または練習をもって養うことができたので、古人は目勝と称してこれを競技の一つにしていた。
関連キーワード

ライター情報: イチカワ

国語ができなかった理系人間が、何を間違ったか文章書いてます。好物=無理のないジョギング、坂のない自転車移動、重くない人間関係

2010年9月27日 10時00分

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品