巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

“ちゃぶ台がえし”でストレス解消!

このエントリーをはてなブックマークに追加

茶色いちゃぶ台がリアルな茶の間を思わせます。

[拡大写真]

ゲームセンターで目についた「ちゃぶ台がえし」ゲーム。他のゲームに比べてたくさん人が群がっていて大人気の様子です。なんでも10月下旬に新製品「超・ちゃぶ台返し!その2」が出たそうなので、その人気の秘密をゲーム開発者に聞いてみましたよ。

タイトーのゲーム開発者さんいわく、「最近、アーケードゲームが難しく複雑になって、コアなユーザしか遊べなくなってしまっている。ふつうの人がちょっと立ち寄って遊べるゲームがプリクラやUFOキャッチャーくらいしかない」という現状があったよう。
そこで、ふつうのものを新しく開発しよう! と思い立ったところ、「ちゃぶ台がえし」というキーワードが一般に認知度も高く、やってみたいけれどできないことのひとつとして浮かび上がったそうです。たしかに「ちゃぶ台がえし」って、やりたくても実際できないですよね~。

最初に、このゲームが出来上がってみたら、「ちゃぶ台がえし」は見た目に面白く、20~30代の男性に人気が爆発。なんでも、この不況でイライラしているサラリーマンたちが、飲み会帰りに簡単にスッキリ! ストレス解消できるのがいいんだとか。

作りこみとしては、「物理演算のプログラムを使い、飛ばしたときの音や人の反応などにリアリティが出るようにした。どんな力でどんな方向に物が飛んで、どうリアクションするかを直感的につながって見えるように計算した。新バーションでも単純なゲームを面白くするためにさらに技の評価を細かくしたり、爆発する効果をもっと面白くしたり、強調した」のが苦労した点だと開発担当者さん。
関連キーワード

ライター情報: カシハラ@姐御

広告会社などを経て、フリーランスライター。得意技は、飲酒とビアガーデン制覇。東京ビアガーデン制覇クラブ主宰。「メルマガ・週刊カシハラ」で気になるものを配信中。

2010年11月7日 00時00分

注目の商品