巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

イチゴやバニラなどの味がするたまご

このエントリーをはてなブックマークに追加

イチゴ。

( 1 / 3 )

[その他の写真を見る]

最近、板東英二の活躍でにわかに脚光を浴びる“ゆでたまご”。「何個食べても飽きない」なんて声を耳にするが、チョット変わったゆでたまごがあるらしいから、コチラにも食指を伸ばしてみてほしいんです。
大阪の「株式会社MRT」が11月18日より発売しているのは、『奥出雲の味つきたまご』。その名の通り、“味つき”のゆでたまごだという。

では、どんな味がついているというのか? 決して驚かないでください。“しょうゆ”、“イチゴ”、“バニラ”、“塩”、“カレー”、“にんにく”……。
なんだ、そりゃ。私は正直、驚いた。

それにしても、どうしてそんなことが可能になったのだろうか? その辺りを同社に伺ってみた。
たとえば、大根に味が染み込んでいく過程を説明しよう。まず、大根をグツグツ煮て温めると、表面の組織が破壊されていく。すると、表面にできるいくつかの隙間たち。そこにだし汁をつけると、隙間に汁が浸透していって味が染み込んでいく。
ゆでたまごも、同様の手法をとることで味を浸透させていくという。それは、つまり我々が承知する通常のやり方。

しかし、同社のたまごには独自の新技術が加味された。通常、たまごの殻には0.02ミリ以下の小さな空気穴があるのだが、同社は味の成分を0.02ミリ以下にしてみせた。そして、空気穴から味の成分を浸透させる。結果、殻がついたまま黄身にまで味を染み込ませることに成功!

だからと言って、味のチョイスがあまりにも大胆じゃないかだろうか? なにしろ、ゆでたまごを食べると、口の中にはイチゴの味が広がったりするのだから。
関連キーワード

ライター情報: 寺西ジャジューカ

1978年生まれ。ブライアン・ジョーンズとビートたけしと前田日明と大江慎也と有吉弘行を敬愛する。好物=局アナ、篠田麻里子

URL:Facebook

2010年11月25日 10時00分

注目の商品