巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

0

「豆乳と思えない」紀文の豆乳飲料の秘密

ライター情報:田幸和歌子

どれもこれも、「本当に豆乳!?」と思うようなラインナップ。

[拡大写真]

以前は、豆乳が苦手だった。

実は子どもの頃、友人の家でもらった豆乳があまりに不味く、息を止めて一気に飲み干したところ、「あら、好きなのね~。もっとどうぞ♪」と何杯もおかわりをもらってしまい、泣く泣く飲んだ経験がある。
以来、「豆乳=不味いけど、カラダに良いモノ」というイメージがずっとあり、近年は豆乳でシチューやグラタンなどの料理は作るものの、それでも「そのまま飲む」のはできるだけ避けてきた。

だが、そんな豆乳のイメージを変えてしまったのが、紀文の豆乳飲料である。
コーヒーや紅茶、バナナ、杏仁豆腐など、様々な味のバリエーションがあり、「豆乳とは思えない美味しさ」「豆乳嫌いだったけど、好きになった」といった絶賛の声がネット上にも多数見られるほど。
何をどうして、全く豆乳臭くなくなるのか。総販売元であるキッコーマン飲料に聞いた。

「紀文の豆乳飲料は、いま21種の味があります。もともと大豆が体に非常に良いことは知られていますが、大豆を手軽にとっていただくために、いろいろな味の豆乳で楽しんでいただきたいと思い、研究を重ねた結果、実はいろんな味と豆乳がマッチすることに気づいたというのが、味の広がりのきっかけです」
ただし、「不味い豆乳+様々な味」では、やっぱり「不味い豆乳飲料」になってしまう。どんな味ともマッチする美味しい豆乳を作ることが、大前提だ。
「そもそもなぜ豆乳に苦手意識を持つ方がいるかというと、大豆自体がもともと不快味や青臭みなどを持っているからです。
関連キーワード

ライター情報: 田幸和歌子

書籍出版社、広告制作会社を経てフリーに。月刊誌・週刊誌・夕刊紙などで執筆中。

2010年12月2日 10時00分

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品